satokibiの為せば成る!

投資・パチスロ・資格など様々なことを書いてます!

日記(その他雑記)

AIに負けるな! 士業って手続代行屋ではないですよね?

投稿日:2018年1月6日 更新日:

こんにちは。
satokibiです。

皆さんの中には資格の勉強をされている方は多いと思います。
私もその中の一人だと思います。

よく言われているのがこの資格を取っても喰えないとか言われていますよね。

たしかに合格率が低い最難関試験をくぐり抜けて合格する人たちは毎年少しずつ増えていきますので当然競合他社は増えていくわけです。

でも、覚えた知識は結構役に立つものですのでその後は自分次第というところはあります。

取ってから使えないというのは説得力ありますが取る前から言うのは何とも言えないですよね。

こうやってブログを始めて書くことによって自分の中で色々な情報を整理できるのはいいことかなと思います。実際読んでくれている人がいるとありがたいです。共有できることもあると思いますので。

さむらい業と呼ばれる資格は独占的に業務ができるようになっていることが多いです。
ブログテーマである社労士もその一つです。
一応、社労士の業務内容を書きますと

①書類の作成(社労士法2条1項1号2号)

②書類手続き代行(社労士法2条1項1号の2)

③事務代理(社労士法2条1項1号の3)

上記の業務が社労士の資格を持っていないとできませんよということになります。
ですが、コンサルティング業務は独占ではないので誰でもできますということになっています。
なかなかのグレーゾーンかなと考えています。

どんな士業にも当てはまるのですが、実際書類作成は本人であればなんでもできるのでネット社会においてはいくらでも書式なり何なりをダウンロードして作成は可能なんですよね。

時間的手間、確認作業が面倒なので外注アウトソーシングした方が内製化より安くあがることもあるので存在意義があるのかなと思います。

また最近ではAIの普及により社労士の存在意義も危ういところにあります。

 

元々、何でも自分で確認して処理をして今まで社会人生活をこなしてきましたので丸投げをされることはあってもしたことはないのは自負しております。

昨今、働き方改革が問われており副業容認企業も増えてきております。逆に本業が疎かになる本末転倒にならないよう注意しなくてはならない部分と時短などにより解雇に利用されるのではと危惧する部分もあります。

ブログ開設当初にも記載しましたが少しでも資格を活かした仕事ができるようしていきたいものですね。

長文になりましたが所感を述べさせて頂きました。
ご一読ありがとうございました。

以上

-日記(その他雑記)
-

Copyright© satokibiの為せば成る! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.