satokibiの為せば成る!

投資・パチスロ・資格など様々なことを書いてます!

日記(その他雑記)

新生銀行 ATM手数料一部有料化に-どれくらいの離反があるか-

投稿日:2018年6月3日 更新日:

おはようございます。

satokibiです。

 

先月の新生銀行より下記の発表がありました。

新生銀ATM、一部有料化へ

転載元:新生銀行ホームページ

新生銀行は先月2日にこれまで無料だったATM手数料の一部を今年10月7日から有料化すると発表した。

時間帯にかかわらず1回の引き出しにつき108円の手数料を取るようにするとのこと。

「無料」を目玉にしてきた戦略に大きな転換となる。

スポンサーリンク

普段使いのキャッシュカードでは無敵

先月の話題なので旬は過ぎていますが結構なニュースでしたね。

普段使いのキャッシュカードとしては利便性は相当高かったので。

使っている人多いですよね。

 

ATM手数料って当たり前ですが馬鹿にならないですよね。

一度に一気に下ろせばいいのでしょうがそんなこともできず。

108円も塵も積もればですから。

 

基本的に給与口座は別に設定してあったので大体給与日には引き落とし必要額だけを残し全額を新生銀行に預け入れをしていました。

私自身、お財布にそこまでお金を入れたくない派ですので本当に便利さを堪能しておりました。

 

今回の改正で一番感じたのが全時間帯ということですかね。

大体の金融機関であれば9時から18時は無料が多いと思います。

 

有人店舗が少ないですし、ネット銀行なので仕方ないのかなと思う部分はあります。

スポンサーリンク

今まで通り、無料で使える方法

上記、新生ホームページで確認してもらえばわかるとおり、ランクが三つあります。

これに応じてある程度の特典を受けることができます。

他行でも同じようなサービスは当然あります。

 

今回の改正があったのが一番ランクが下のスタンダードになります。

この人達は単純にカードを持っている人達ですね。

 

どれくらいの規模の人達がいるかは調べておりませんが相当数はいるはずです。

特にランク関係なしで手数料が無料だったので。

 

新生銀行ホームページにも手数料が無料になる方法の記載はあります。

月末時点でステージゴールドにする一例として

自動積立型の外貨預金(月1万円以上から)

積立投信(月5千円から)

今後はプリペイドカードGAICAのチャージサービスも検討のことです。

 

とりあえず、新生銀行自体が他のネット銀行の台頭で優位性を保てなくなっているのはうっすらと感じれますよね。

よほどのことで無い限り閉鎖になることはまずないと思いますが。(絶対はないのでそこは一定のリスクはあります。)

 

プラス色々な金融商品を購入してほしいとの思惑は当然ありますよね。

基本的に金融機関の収入は貸付利息が大半です。

新生銀行の収支構造を今後は注視したいと考えております。

スポンサーリンク

次に狙うキャッシュカードは?

基本的にランクがゴールド以上の方ならATM手数料は気にしなくもいいと思います。

ランクゴールド以上にできない方にとっては毎回の手数料108円はネックです。

下ろし方を考えればいいと言われるとそれまでですが。

 

色々調べた結果、下記3行は今後検討すべき余地はあるかなと感じます。

(私自身が乗り換えるために調べました。)

SBJ銀行

正直失礼ですが、調べるまでは知らなかった金融機関です。

SBIとちょっと勘違いしそうな感じもしました。

 

 

 

 

 

セブンイレブンが365日無料でファミマが月10回までOKとのです。

ローソンは残念ながら対象に入っていなかったです。

でも結構利便性はあるかと感じます。

他行宛振込手数料が月7回まで無料!

当行間の振込は当然何回でも無料です。

他行宛の振込手数料が標準で7回まで無料になっています。

これは新生銀行よりメリットがある点ですね。

新生銀行はスタンダードだと月1回まで無料です。

色々と口座間の移動をする人にとってはこれは便利かなと思います。

但し、一部の他行振込は月3回までとのことです。(ホームページからは条件の記載はなしです。)

 

ソニー銀行

次にご紹介する金融機関はソニー銀行になります。

言わずと知れたソニーを母体とする金融機関です。

 

 

 

 

 

 

 

ここもセブンイレブン・イオンには優しいです。

手数料がかかりません!

SBJ銀行との比較ではございませんがSBJ銀行はファミマ、ゆうちょ等単独でのカウントでした。

ソニー銀行の場合は、みずほ銀行が除外された代わりにコンビニのローソンが加わりました。

これでほぼ全てのコンビニで利用可能になったと言えます。

しかし、セブンイレブン以外では合算で3回までという縛りが発生します。

ほとんどセブンイレブンユーザーという方以外は少々ネックかなと感じます。

 

まとめ

今回は新生銀行の手数料有料化について書きました。

上記にも述べましたが旬を過ぎた話題なのであしからず。

 

随時更新は図ってまいります。

今後ともよろしくお願い致します。

以上

-日記(その他雑記)

Copyright© satokibiの為せば成る! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.