satokibiの為せば成る!

投資・パチスロ・資格など様々なことを書いてます!

日記(その他雑記) 会計税務

MS-JAPANの感触がいいので他サイトと比較してみた!3選

投稿日:

2回目の転職を検討しており、春先に一度活動しましたが現職が忙しくなり小休止していました。我慢の限界というレベルではなかったという点があったのですがちょうど配置転換などもありタイミング的に好都合でまた再開しています。

そこでまだ活動中ですが現状使用した転職サイトの私的な公表を交えながら書いてみたいと思います。

後日加筆予定です。

 

スポンサーリンク

今まで使った転職サイト3選

1回目の転職の際に1サイト、今現在で2サイトを使用していますので計3社分利用させて頂きました。

どこもしっかりしており申し分ないのでご安心くださいね!

以下の3つのサイトを使用しました。

  • リクルートキャリア
  • doda
  • MS-Japan

 

1.リクルートキャリア

リクルートキャリアは最大手なので求人数が豊富でエージェントとのやりとりも円滑にできたので約1カ月くらいで転職先は決定しました。

マメに連絡を頂けるというところに安心感がありましたね。

私が関東在住なので問題は無いのですが実際にエージェントに会いに行くのも東京・神奈川と限定的なので地方のひとにとっては厳しいかなと思います。

 

2.doda

dodaは今年に入ってから登録しました。こちらも旧インテリジェンス、パーソナルキャリアなので大手なので求人数は多く募集案件も多かったです。こちらに関しては対面でのエージェントとのやりとりはなく電話のみで完結するタイプのものでした。こちらが要望すればお会いすることも可能だったかとは思います。

エージェントの補佐役の人とのやりとりも円滑にできたので問題なくお勧めできます。

しかし、一点あるとすればメールの量がハンパないくらい受信がきます。

各営業担当の人たちが自前で案件を抱えているものに関してもバンバン連絡きますし、関係会社からのメールもきますので正直見切れないというのがありました。

 

3.MSーJapan

プレミアムな転職をサポート|管理部門特化型エージェントNo.1【MS-Japan】

最後になりますがMS-Japanになります。

こちらに関しても上記2社と比較するとネームバリューは落ちるというのが正直あるかと思います。

私自身も通勤電車のドア広告で見て知ったのでそこまでCMとかを打っているイメージもありません。電車広告も広告費としては馬鹿にならないのでこれからなのでしょうね。

この会社の強みとして士業(税理士や弁護士など士とつく業種)や管理部門(経理総務)に特化している部分です。

私の職務経歴上、こちらに特化しているので合ってはいるかと思いDODAと掛け持ちという選択肢をとりました。

この会社もエージェントとの対面でヒアリングさせていただきました。基本的にどんな人なのかと一度お会いしないとわからない部分も大きいのでこの点は当たり前という部分でしょうかね。

今、現在はエージェントの方とのやりとりはなく営業担当者とのやり取りがメインとなります。エージェントが取りまとめをしてご紹介や折衝はせず直担当者なのでレスポンスなどは早いです。逆にその点、複数社の応募が必然的に発生しますのでメールでのやり取りが大変かなと思います。あと、一人ひとりのメールの打ち方がどことなくクセがあったりもします。

デメリットとしては全国展開していないため、関東圏に限られてしまうというところかも知れません。また、未経験者可という案件もありましたが実務経験を3年と第2新卒などに門戸はせまい印象です。しかし、資格試験のための福利厚生などは充実している案件も

多く他2社にはない独自の案件がありました。

特化しているという部分が強いのでしょうね。

 

どこの転職サイトも甲乙つけがたい!?やっぱりエージェント次第

 

特にどこの転職サイトが良い悪いということはなく、最後はその会社のエージェントの方の相性にもよるのかなと思います。みなさん、同じ水準のクオリティであるとは思いますが微妙な気配りなどがこちらとの温度差を発生させるのは言うまでもないのかなと。

あまり我慢せず、言いたいときにはいう、交代してもらうというのは大事かなと感じますね。私自身あまりそういうのが得意でないのでできないのですが…

 

転職活動真っ最中!いま使っているMS-JAPANの感触がいいので他の転職と比較してみた!3選 まとめ

ざっくりですが転職サイトを3社使ってみた所感を書いてみました。

上で申したようにどこに登録しても問題なく一定の案件は紹介してもらえるので安心できます。

今回に限っていえばちょうど探している案件と特化している案件のマッチ率が高いMS-JPANが意外と良かったのかと思います。私自身の場合は。

大手だけでなく中堅の転職サイトも最近多いです。電車内も私が活動しているからなのかそこら中に転職の文字が。働き方改革や人手不足などまだまだ解消されなくてはいけない部分もある中、まずは自身の仕事口を探していかないといけないです。

プロフィールにも書きましたが以前、エージェントで怖い目に遭っていますので判断は早計にならずに進めていきたいものです。

実際、追い詰められたらそんな余裕も無くなってしまうのでしょうがいつも先々を見据えていきたいですね。人生100年時代、今の会社がすべてでは無いので。

ここまでありがとうございました。

スポンサーリンク

転職サイト個人的おすすめ

株式会社MS-Japan

士業、管理部門に特化した転職サイト。

案件も豊富で安心です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
satokibi(サトキビ)

satokibi(サトキビ)

関東在住の会社員・社会保険労務士有資格者(平成23年度合格) 苦労して取得した資格や実務経験に基づいた「経験」を共有したくブログを書いております。 ■詳しいプロフィールはこちら

-日記(その他雑記), 会計税務
-,

Copyright© satokibiの為せば成る! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.