satokibiの為せば成る!

投資・パチスロ・資格など様々なことを書いてます!

自作PC

TK-FCP097BK レビュー ブログ用に交換した時のまとめ

投稿日:2018年4月9日 更新日:

スポンサーリンク

こんばんは。

satokibiです。

今日は以前から変更しようと考えていたキーボードを新調したので使い勝手を備忘録します。

 

購入した商品

メーカー:ELECOM

商品名:TK-FCP097BK

インターフェイス:USB

対応OS:Windows,mac

キータイプ:パンタグラフ

キー配列:104キー

キーピッチ:19.0mm

キーストローク:2.0mm

ホットキー数:12キー

電源方式:USBバスパワー

ケーブル長さ:1.5m

外形寸法:幅367.1mm×奥行127.5mm×高さ21.2mm

サイズ分類:コンパクト

以上がELCOMサイトからの引用となります。

外箱表

外箱裏

以前使用していたキーボード

メーカー:バッファロー

商品名:BSKBU02

インターフェイス:USB

対応OS:Windows

キータイプ:メンブレン

キー配列:104キー

キーピッチ:19.0mm

キーストローク:4.0mm

ホットキー数:3キー

電源方式:USBバスパワー

ケーブル長さ:1.3m

外形寸法:幅444mm×奥行150mm×高さ27.5mm

以上がバッファローHPより

 

以前のキーボード(汚くてすみません)

 

購入動機

今年1月からブログを始めて、キーボードを打つ機会が増大。

ちょっと入力するのにカタカタ音がするのと入力するのに時間かかっているような。

いいキーボードにすれば作業効率アップするかなと期待を持ちつつの交換です。

 

特にこれといったこだわりはなく。

壊れる以外に買い替えることのないキーボード。

多分、壊れることもほとんどないと思います。普通に家庭用で使う分には特にそう思います。

 

特にこれといったこだわりは今のところはなくで地元の家電屋さんへ。

 

うーん、ピン切りですね。

上を見ればきりがないなと。

 

購入基準

これといったこだわりはなかったのですが、以下を網羅して安いのがあればOKでした。

・パンダグラフ

・テンキーあり

以上の二つの条件を満たしてあるものを求めて結構さまよいました。

 

意外にパンタグラフ方式のものは田舎の量販店ではお高めのものが多かったです。

あと、テンキーが付いていないのがほとんどです。

 

スマホ、タブレット用のキーボードという位置づけの商品が多くテンキーが無しです。

 

新宿ビッグカメラにて購入

新宿ビッグカメラにて2,084円(税込)にて購入。(2018年4月8日現在)

流石、新宿でした。

品揃えが豊富です。

 

高級なキーボードもありましたが安くて、パンダグラフでテンキー付き。

私の全ての条件を満たすキーボードがいました。

ちなみに今、この文章も新キーボードです。快適です。

 

開封してみました。

以下が開封した画像です。

キーボード以外余計なものは一切入っておりませんでした。(当然ですが)

裏面

ホットキー12個の操作説明

結構豊富なショートカットキーが搭載されていました。

一部動作しないものもありました。

ですが、今まで使っていないものなので影響はほぼほぼなしでしょう。

 

以前のキーボードに比べると本当に小さい、薄いです。

以下が比較したものです。

上からみた図

横から見た図

 

全てにおいてコンパクトです。

 

今も入力していますがデメリットが感じられないくらい快適(2回目)

強いていうなら高さ調整ができないところでしょうか。

裏面に特に調整する部分がなしです。

たまに気分転換で高さを変えるくらいでそこまで重要性は低いです。

 

他商品と比較

今回のキーボードに関してはあんまり下調べせず購入しました。

ただただパンタグラフのキーボードが欲しいの一心でしたので。

 

それで価格ドットコムで下記条件下で検索してみました。

・有線

・テンキー付

・パンタグラフ

 

 

23件ヒットしました。

そして、購入した商品は第2位でした。そしてレビューがなしという状況。

果たしてこの買い物は正解だったのか、情報があまり無かったという事実発覚。

でも、いい買い物だったと感じております。

そこまで高額な買い物ではなかったので言えることかもですが。

有線or無線、Bluetooth

店頭で確認してて悩んだのが無線、Bluetoothかの選択肢です。

実際、スマホとタブレットでブログを書くことはないので不要かなということ。

音声とかだとよくあるタイムラグの懸念。

 

結構、タブレットでブログの修正はきついなと感じました。

ですが、電車内とかで入力するほどのことでもないので却下でした。

 

ほとんど入力のタイムラグはないと思っていますが実際はどうなんでしょうね。

調べてないのでここは不明ということで。

こんだけ出回っていたら問題ないとは思いますが。

 

まとめ

今回は新キーボードについてご紹介させて頂きました。

本当に入力しやすくなりました。快適です。(3回目)

 

今のところ、誤入力をすることなく順調なタイピングを満喫中。

 

2,000円台でこの快適さなのでパンタグラフの上位品はどんな感じなんだろう。

もっと快適になるのか余計な機能がついているだけなのか。

当面は変更はないので大丈夫ですが。

 

たまに家電屋行った時には触ってみたいですね。

ゲ―ミングPC用とかはいらないので。

 

本日はここまでお付き合い頂きありがとうございました。

引き続き宜しくお願い致します。

以上

スポンサーリンク

-自作PC
-,

Copyright© satokibiの為せば成る! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.