satokibiの為せば成る!

投資・パチスロ・資格など様々なことを書いてます!

労基・安衛 時事

アルバイトへのボーナス不支給は違法 パートタイム・有期雇用労働法

投稿日:

2019年2月15日に

 

「アルバイトへのボーナス不支給は違法」

 

との高裁判決が

ありましたので

まとめてみました。

 

(随時加筆予定となります)

 

スポンサーリンク

判決内容

以下が内容となります。

大阪医科大の元アルバイトの

50代女性が正職員との待遇

格差を違法として、約1,272万円

の損賠賠償請求を求めた訴訟の

控訴審判決が15日、大阪高裁

であった。

 

以下 省略

 

江口裁判長は「正職員全体と比較して

労働条件の相違が不合理だ」と判断。

賞与については、同じ職場の正職員

の6割を支給すべきだと命じた。

病気で欠勤中に賃金などを支給せず、

夏期特別有給休暇を与えないことも

不合理だと認めた。

 

一方、基本給については、脳六に

差があるなどと指摘。

慰謝料の請求を退けた。

以下 省略

 

引用元:時事通信2/15(金)

 

原告の雇用形態

大阪・高槻市の大阪医科大学

(現・大阪医科薬科大学)で、

研究室の秘書として時給制の

非正規雇用で働いていた女性

 

仕事の内容が全く同じにも

かかわらず、正規社員と

賃金格差があるのは

不当だと訴えてボーナス

等の支給を求めて訴訟。

 

判断根拠

法人が正職員には一律の基準で

賞与を支給していたことから

賞与が成績に連動した評価では

なく、働いたこと自体への対価

と判断。

引用元:毎日新聞2/15(金)

 

賞与とは

そもそも賞与とは、

定期給の労働者に対し

定期給とは別に支払われる

特別な給与のこと

を指します。

 

特に労働基準法上に

明確な定義はありません。

 

同一労働同一賃金とは

今回の判決に関しては

同一労働同一賃金

に注目すべきところです。

 

以下は厚生労働省が発行している案内です。

ポスター「パートタイム・有期雇用労働法」

 

不合理な待遇差は禁止!事業主に説明責任

パートタイム・有期雇用労働法

2020年4月1日より施行

されます。

中小企業は2021年4月より

 

この法律の肝は

1.同一職場内での正規と非正規の

基本給や賞与など

あらゆる待遇について、不合理な差

を設けることを禁止

 

2.非正規社員から待遇の違いや

その理由を求められた場合の説明責任義務

 

罰則はほとんどない。判断は司法へ

現行のパートタイム労働法に関して

文書交付義務違反で10万円の過料のみ

となります。

 

判断は司法へ委ねられます。

今回の判決もその一部となります。

 

まとめ

今回の司法判断は

パートタイム労働法改正

に先駆けのような

判決となりました。

 

現行、上告かどうか

定かではありません。

 

他の手当に関しては

不合理と言われている

判決も出ております。

 

こちらに関しても

まとめ記事と

したいと思います。

 

パートアルバイトの質

を問われている最近の

風潮ですが

色々なパターンが

あります。

 

バイトテロを未然に防げ! 労働契約書と誓約書の遵守で風評被害防止

また、最近バイトテロが 多発しておりますね。   以前にもこのような事件が あったのに 忘れた頃にまた再発。 ...

続きを見る

 

企業側も

対策を講じる必要

があります。

 

また、随時加筆

したいと思います。

 

ここまでお読み頂き

ありがとうございました。

以上

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
satokibi(サトキビ)

satokibi(サトキビ)

関東在住の会社員・社会保険労務士有資格者(平成23年度合格) 苦労して取得した資格や実務経験に基づいた「経験」を共有したくブログを書いております。 ■詳しいプロフィールはこちら

-労基・安衛, 時事

Copyright© satokibiの為せば成る! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.