会計税務

給与計算必須! 単純で難しい 非課税交通費は2キロ以下は課税です

皆様、おはようございます。

satokibiです。

本日は題名にもあります交通費の非課税枠に関して書きたいと思います。

通勤手当の非課税枠とは

給与計算を担当されていた方は問題ないと思いますし、あまり気にされた方は少ないと思い

ます。

上記の非課税枠ですが、読んで字のごとく所得税の計算には入れなくていいよという制度で

す。(本当にそのままですみません。)

しかし、無尽蔵、青天井で了承しているわけはなく一定の上限額を設けております。

以下が上限枠となります。

交通機関又は有料道路を利用している人に支給する通勤手当・通勤定期券・左記併用・・・  1か月当たりの合理的な運賃の額 (最高限度額 100,000円)

この合理的な という言葉、労災でもでてきますね・・・

だいたいの社会人の方々がこのカテゴリーではなかろうかと思います。

1カ月定期で100,000円ですとよほど通勤というかほぼ毎日が小旅行なんでしょうね。

私も2時間近くかけて職場に通っていた時期はあります。

まぁ遅延の温床の電車でしたので遅延した際はアナウンスの遅れの時間と謝罪より長く感じ

てはおりました。

マイカー・自転車通勤の場合 ・・・片道の通勤距離に応じて上限額が変わっていきます。

通勤距離の片道が最大で55キロ以上で 31,600円 下限が2キロ未満だと全額が所得税の計算

に入ることになります。2キロだったらほぼ徒歩ですからね。

ここの場合ですと大体2キロ以上10キロ未満で 4,200円という方々が私の担当していた会社

では多かったイメージです。(ただの偶然だと思いますが)

実際、地図アプリ開いて直線距離は確認していました。

 

所得税と消費税

ここで会社の経理としてのお話に変わりますが、非課税交通費の非課税は所得税の非課税とい

う意味であって消費税は当然課税対象になりますのでお気を付けくださいね。

多分、分かっている人が大半だと思いますが。

 

確定申告時期になり、これから伝票の整理や集計をする際には課税事業者(消費税納める人)

はお間違えないように。

自身で最近では処理できるツールも増えてきているので設定は大事ですからね。

ですが、課税事業者とは売り上げ規模が 1,000万円クラスですからそこを目指して頑張りた

い。

 

所感

何故に非課税交通費の話題を載せたかというと、同居人の給与明細を見せてもらった際に、交

通費が課税されていたのを思い出したからです。

電車通勤をして確実に2キロは超えていたのに首を傾げたものでした。

その方の会社は社労士が入って給与計算をされていました。

ちょっと聞いてみたいなぁと思ってしましたね。

でも、上記でも書いたように最近の会計やら給与システムは優秀ですから

間違えることはないとは思いますが。

後は、設定担当者の力量に委ねられるのでそこはまた別の問題かなと。

ソフトの選定は当たり前ですがユーザー数が多いソフトを選ぶのが得策です。

だって、バグやらエラーのあぶり出しが増えてその点の改修は早いと考えますので。

 

 

本日も長い時間お付き合い頂きありがとうございました。

ご購読重ねて感謝致します。

 

以上

 

スポンサーリンク

スキマ時間を有効活用して社会保険労務士の資格を奪取!

大手資格の学校のツールが合格までの最短ルートだけど通信も捨てたもんじゃないです! 完全通信教材に特化して格安での資料を提供したSTUDYingがおススメ! 月謝感覚でお支払いできるので結構重宝します。 私自身は最終年はTACの合格のツボだけでしたけど笑

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
satokibi(サトキビ)

satokibi(サトキビ)

関東在住の会社員・社会保険労務士(2020年1月登録) 苦労して取得した資格や実務経験に基づいた「経験」を共有したくブログを書いております。 ■詳しいプロフィールはこちら

-会計税務
-,