satokibiの為せば成る!

投資・パチスロ・資格など様々なことを書いてます!

労働保険(労災・雇用)

親方!特別加入に入りませんか?【平成27年労災選択】

投稿日:

スポンサーリンク

こんばんは。

satokibiです。

本日は一人親方について見ていきたいと思います。

平成27年の労災選択式からとなります。

一人親方とは

まず、一人親方の定義から見ていきます。

建設業などで労働者を雇わず自分自身と家族だけで事業を行う事業者です。

元々は職人をまとめて仕事ができる能力をもっている職位のことを指してました。

多分↑の方が馴染みというかイメージが強いです。「親方!」って部下に言われてそう。

あと、職人気質で頑固。テレビとかのイメージって怖いですね。

各々のイメージがあるので私の中だけですが。

親方だって怪我をします。

労災保険は、元々、労働者の業務又は通勤災害による災害に対して保険給付を行う制度です。

一人親方である個人事業主は原則として労災保険の適用の範囲外となります。

業務の実態、災害の発生状況等などから考慮し、特に労働者と準じて保護してあげようと考えたのが特別に労災保険に入れてあげようとする制度が特別加入制度になります。

どんな親方?が加入できるの。

今回の問題となった特別加入できる一人親方の範囲ですが、

特定作業従事者といって、大工さんや個人タクシー以外の読んで

そのままの特殊な業務な人達でした。

・危険な作業に従事する家内労働者又は補助者

介護関係業務の作業従事者

以上の二つが出題されることとなりました。

うーん、重箱の隅?王道?と言えるのか少し疑問でしたね。

家内労働者ってどんな人?

いわゆる内職です。

難しい説明だと通常、自宅を作業場として、メーカーや問屋などからの委託者から、部品や原材料の提供を受けて、一人又は同居の親族(←この人が補助者)とともに、物品の製造や加工を行って、その労働の対価を得ている人のことを言います。

一応、この人達は個々人なので特別加入の手続きをしたら、大変、時間と労力がかかる為、家内労働者で組織する家内労働者の団体が窓口となります。(これが試験の答えとなります。)

 

第三者行為災害の保険給付

仮に労災事故が第三者が関与していた場合を考えて下さい。

どちらにうっかりとかのミスがあったとかはとりあえず抜きにして100%相手が悪かったとします。

この場合、当然損害賠償を請求できますよね。

また、労災事故なので国からも保険給付が発生します。

当然に二重取りはできません。(←試験では二重補填は認めませんで答えとなります。)

この点に関して難しい言い回しで相互補完の関係にありますとしています。

要するに労働者への手当はどちらかがすればOKだよねということです。

ちょっと強引すぎる解説ですが。

例えば、先に国が保険給付をしたら、国は保険会社からその分の保険給付をもらう権利が

発生します。逆に保険会社が先に保険給付したら、国は何もしませんよということになります。

このことが相互補完ということになります。

 

所感

今回の問題に関してもざっくりと確認しましたがだいぶ難問であったと思います。

上記でも記載したように重箱の隅のような出題、これがオーソドックスならいいのですがなかなか厳しいと感じます。

最後の第三者行為災害にかんしても何とか国語の勉強で穴埋めができれば御の字ですが難しいと思います。

判例からの出題でもあるので法律的用語が出てこないかなと。選択肢の中に重複という肢もありましたが重複を認めるべきではないとしてもそこまで間違えではないかと。

試験中だとやっぱり難しいですね。

 

また、引き続き過去問シリーズは続けてまいります。

ここまでご一読頂きありがとうございました。

また、誤字、認識の相違ございましたらご連絡頂けると幸いです。

以上

過去問は下記を使っております。

スポンサーリンク

-労働保険(労災・雇用)
-, , , ,

Copyright© satokibiの為せば成る! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.