satokibiの為せば成る!

投資・パチスロ・資格など様々なことを書いてます!

年金(国民年金・厚生年金)

これさえ見ればOK! 預託と寄託の違い教えます!まとめ

投稿日:2018年2月18日 更新日:

スポンサーリンク

こんにちは。

 

satokibiです。

 

本日は年金特別会計と寄託に関して書きたいと思います。

元は平成26年度厚生年金選択式からとなります。

年金特別会計とは

そもそも特別会計とは独立した経理管理をしなくてはいけないものを扱うものです。

年金以外に社労士関係で扱うのは労働保険が特別会計として扱っています。

特別会計以外のものが一般会計となります。

特別会計の予算の中で国債関係に次いで2番目に大きな数字となっております。

この部分を税収で賄う必要があり、真っ先に消費税が公平負担の為、増税することに

なります。

 

全く繋がりを意識していない訳ではなかったのですがここでも積立金の運用の話が出題に

あがっており、下記に記載した内容と重複する結果となっております。

【投資家です】年金積立金管理運用独立行政法人の運用状況

こんばんは。satokibiです。 前回の続きで年金積立金運用独立行政法人(以下GPIFと呼ぶ)の年金積立金の 運用状況 ...

 

寄託とは

平成26年度の選択式の穴となっていた部分となります。

答えは寄託となります。

条文を載せておきます。

(積立金の運用)

第79条の3 特別会計積立金の運用は、厚生労働大臣が、前条の目的に沿った運用に基づく納付金の納付を目的として、年金積立金管理運用独立行政法人に対し、特別会計積立金を寄託することにより行うものとする。

2 厚生労働大臣は、全校の規定にかかわらず、同項の規定に基づく寄託をするまでの間、財政融資資金に特別会計積立金を預託することができる。

 

※財政融資資金は内部機関です。

 

出題の肢には他に 移管・委託・預託 の三つの選択肢がありました。

実際は寄託と丸暗記しておけば問題ないレベルですが。

私自身、どうも似ている言葉なので念のため、調べてみました。

寄託・預託・移管・委託

各言葉の意味を確認します。

寄託(きたく)   ・相手にある物を保管することを約束し、受け取ることによって成立する契約

預託(よたく)  ・あずけて任せること。

移管(いかん)   ・管理を他に移すこと。管轄を変えること。

委託(いたく)  ・本来その事柄を行うはずの者や組織が、その事務や業務を

(命令系統にない)他者に依頼して行ってもらうこと。

 

預託と寄託の違い

この二つに関しては凄く似ています。

唯一の違いが法律行為として民法に規定されているかどうかの違いです。

結構調べてみましたが厳密にどう分かれているかの明確な判断はありません。

 

寄託契約とは受寄者(受ける側)が寄託者(渡す側)のために保管することを約束して、

ある物を受け取ることで成立する契約となっています。

 

上の例で当てはめると積立金を厚生労働大臣が年金積立金管理運用独立行政法人に渡すこと

で成立することになります。

 

民法の話になり、ややこしくなるので割愛しています。

寄託契約の場合は保管義務損害賠償請求権等が発生し、法律に守られます

 

一方、預託はイメージとして家の敷金や保証金に近いものとなります。

株券なども預託という言葉を使います。

寄託に近い感じもしますがそこまで法律で守られていない感じでしょう

か。

 

最終的には

外部に積立金を渡すので法律的に守れている寄託契約とする。

内部機関である財政融資資金に一時預かりさせるから預託とする。

国民から預かった保険料ですから厳密に分けているかと思います。

 

寄託と委託の違い

この二つに関しては両方とも民法上で規定されている契約の一種となります。

その点を考えると預託は法律用語でないという点でグループ分けされます。

 

先ほど、意味を書いたところにもありますが同じお願いごとをしていますが事務や業務を

お願いするというように物を渡していないところに大きな違いがあります。

寄託は物(積立金)を渡すことによって成立するという点ということになります。

 

社労士人気講師の書籍をプレゼント!
クレアールでは社労士受験界のカリスマ講師が執筆した大人気のベストセラー本をプレゼントします。メディア出演多数の人気講師が合格ノウハウを完全公開!

まとめ

今回は、寄託と預託の違いを中心に見ていきました。

当時の選択式に関しては預託だけ正答すれば良かったのですが、いじわるで

預託と寄託を両方を穴として出題すればだいぶ正答率は落ちるのかなと感じます。

上記にも書きましたが平成26年度の国民年金法も同じように財政からの出題となりました。

改めて確認するとこうやって似てる年もあるんですね。

問題作る先生は違えど考えが似ていたのでしょうか。

 

本日もご一読頂きありがとうございました。

万全を期して記載しておりますが万が一、誤字や認識の誤りがございましたらコメント等

頂けると幸いです。

以上

スポンサーリンク

-年金(国民年金・厚生年金)
-, ,

Copyright© satokibiの為せば成る! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.