satokibiの為せば成る!

投資・パチスロ・資格など様々なことを書いてます!

労基・安衛 会計税務

資格取得支援制度は規程化しましょう。慣例が一番ややこしい?

投稿日:

この記事では税理士や社労士などの

資格取得費用を会社が半額負担した

場合等に給与課税されるべきかを

記事にしました。

 

よく会社の福利厚生の一環で

資格取得支援制度などが

あります。

意外と学校に通う場合のに

お金ってだいぶかかりますよね。

 

これを補助してくれると

結構本人としては経済的に

楽になりますし、モチベーションも

あがりますよね。

 

これって実際、ちゃんと給与課税とか

ルールって知っていますか。

 

一定の条件下で給与に課税しなくて

よいのです。

以下ルールをご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

職務に必要な資格であれば非課税でOK

国税庁の通達に以下の条文がございます。

技術や知識の習得費用は、次の三つのいずれかを満たしており。

その費用が適正な金額であれば、給与として課税しなくてもよい

ことになっています。

(1)会社などの仕事に直接必要な技術や知識を役員や使用人に

拾得させるための費用であること。

(2)会社などの仕事に直接必要な免許や資格を役員や使用人に

取得させるための研修会や講習会などの出席費用であること。

(3)会社などの仕事に直接必要な分野の講義を役印や使用人に

大学などで受けされるための費用であること。

出典元:No.2588 職務に必要な技術などを習得する費用を支出したとき

 

基本的に直接帰属する費用に関しては利益的供与として

給与課税されることが原則となっています。

 

上記の3つの条件では給与課税が免除されることに

なります。

業務に必要な費用という範囲が

拡大解釈されないよう注意が必要なところでは

あります。

 

税理士や社労士などの資格は曖昧?

意外と税理士や社労士などの資格に

補助を設けている会社は多いです。

 

実際にこの資格は一身専属的なもので

独立が可能な資格となります。

勤務社労士などのサラリーマン的な

立ち位置も一定数以上いますので

一概には言えませんが

この資格に関しては給与課税される

恐れがあるかとは考えております。

 

少々グレーな部分はあります。

注意は必要かと思います。

 

まずは規程にしましょう。慣例などが一番ややこしい。

会社の福利厚生として作成する場合は

必ず、規程に落とし込みましょう。

 

意外と申請書だけ存在して

お金だけを支出している会社

も多い印象があります。

 

たしかに出金の領収書と

従業員名が一致していれば

ある程度のことは網羅されますので

問題ないかと思います。

 

一番不安なのが

ケースバイケースで

拡大解釈されることです。

 

一番最初に述べたように

業務上必要な資格が

どこまでかの線引きが重要

となります。

 

実際に税務調査が入った際は

綺麗になるとは考えております。

 

そうなる前に

是非、明文化しましょう。

 

まとめ

今回は資格取得支援制度に

ついての記事となります。

 

私が勤めていた会社では

税理士科目が4科目になると

退職される人が多かったですね。

(税理士は5科目とると合格に

なります。)

それまでは資格取得支援制度を

フルに活用されていましたね。

 

これ自体、制度なので

問題はないのですが、

会社としては投資としての

価値がなんとも言えない気持ちに

なりますよね。

 

そう考えると独立系の資格に

関しては一定数の制限を設けて

おかないといけないと思う反面、

資格の性質上、その人のスキル

なので致し方ない部分も

ありますね。

 

本日はここまでお読み頂き

ありがとうございました。

引き続きどうぞ

宜しくお願い致します。

以上

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
satokibi(サトキビ)

satokibi(サトキビ)

関東在住の会社員・社会保険労務士有資格者(平成23年度合格) 苦労して取得した資格や実務経験に基づいた「経験」を共有したくブログを書いております。 ■詳しいプロフィールはこちら

-労基・安衛, 会計税務

Copyright© satokibiの為せば成る! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.